ジャズギターにおける小型アンプの活躍

こんにちは!
ジャズギタリストの満田です!
色々と大変な最近の状況ではございますが、それに合わせてトップクラスのジャズミュージシャン達が教則動画を発信してくれたりと、ジャズの練習に励む人にはある意味ではプラスとも言える環境になったりもしてますね。
そんな中で最近ジャズギターを始められた方の参考になればと考え、機材のお話をさせて頂こうと思います。

今回は自宅練習でも大活躍の小型アンプに焦点を当てたお話になります!



ジャズで使いたいアンプとは?


小型アンプのお話を進める前に基本的なアンプの選択基準についても軽く確認しておきます。
ジャズギターと一口に言ってもサウンドの傾向は色々ありますので、ここはベーシックなスタイルを中心に考えていきましょう。
基本的なジャズギターの音色は”丸い”クリーンサウンドだと言えるでしょう。
フルアコのようなハコモノのギターによるところもございますが、アンプ側がしっかりミドルとローを出せているかどうかも非常に大事なポイントです。
代表的な大型アンプで言えばFenderのDeluxe ReverbやTwin Reverbといったところでしょうか。
丸く艶やかなサウンドでフルアコと相性が良く、古くからよく使われてきたアンプ達ですね!
搭載されたスプリングリバーブもジャズらしいサウンドを作るのに一役買っているように思います。
(余談ですが、私はFender以外だとMarshall JCM 900のクリーンチャンネルも結構好みです。)

Fenderの真空管アンプを基準に自分の好みを反映していくとジャズギター用のアンプは選びやすい印象ですね。
どんなアンプを選ぶにせよ、一度はFenderのDeluxe ReverbやTwin Reverb辺りは触れておいて損はないでしょう。


小型アンプ選び

お待たせしました、本題です!
何故今回は小型アンプなんだ?という話ですが、ジャズギターってライブだと小型アンプの出番が結構あるんですよ!という訳なんです。
というのも、ジャズを演奏させてくれるような場所には大体Fenderやそれに近いタイプの中型〜大型のアンプが置いてあるんですよね。
ジャズ専門でなくともRoland JC-120やMarshall JCM900辺りはあるので、存外に困ることはないと思います。
問題はレストランやバーなどで自分の機材を持ち込む場合ですね。
大型のアンプは持ち運びも単純に大変ですし、会場の広さによっては邪魔になることも……という具合。
そんな時に小型アンプが活躍するんです。

ということで個人的なお気に入りをご紹介しますね!



ZT Amp Lunchbox Junior 50W

小型且つ大音量!
夢のようなアンプです!
筐体がしっかりしているので、振動で自然な低音が稼げている印象ですね。
トーンとボリューム、ゲインのみのシンプルなコントロールですが元々がまとまりの良いサウンドなので音作りもしやすい部類だと思います。
私はこれの200Wのものを使っていますが、50Wでも十分なボリューム感だと思います。
難点としてはリバーブが付いていないことなので、必要に応じてエフェクターで補ってあげたいですね。

VOX Pathfinder 10 PF-10

はい、最早定番の練習用アンプですね!
入門機としてよくオススメされるアンプですが、サウンドのクオリティは非常に高く、上級者でも愛用者が多くいらっしゃる印象です。
10Wながら実際の音量は比較的大きめ。
クリーンチャンネルでゲインを3時方向くらいまで上げると気持ち良く低音を稼ぐことが出来、更に真空管アンプにも似たウォームなサウンドになります。
ゲイン設定をもう少し弄るとピッキングで歪むくらいのクランチサウンドに出来たりするので、ブルージーなサウンドが好きな方には是非使って頂きたいアンプです!
ドラムレス編成では音量的にはこれで十分なことも多く、私はよく使っています。
こちらもLunchboxと同様、リバーブが付いていないので必要に応じてエフェクターで補ってあげたいところ。

Fender Mustang I V2

多機能デジタルアンプ!
伝統的なFenderアンプのヴィンテージサウンドも再現してくれるので、聴き馴染みのあるサウンドメイクがお手軽に出来るのが魅力です。
先ほど基準としてオススメしたDeluxe ReverbやTwin Reverbのサウンドプリセットもありますね。
こちらはリバーブなどの空間系エフェクトも搭載しているのも嬉しいポイント。
その他様々なプリセットがあるのでジャズ以外でも活躍してくれそうです。
これと同じシリーズのサイズ違いが数種類あるので用途によって数種類持っておいても良さそうですね!

 

 

という訳で、ジャズでオススメな小型アンプをご紹介させて頂きました。
小編成では小型アンプの出番も結構多いので、これからジャズを始められる方はお気に入りの一台を是非見つけてください!
今回は機材の紹介のみでしたが、今度はギターやエフェクターなどを含めたセッティングについてもご紹介したいと思っておりますので、そちらも併せて参考にして頂ければと思います。
最後までご覧頂き、ありがとうございました!

パプリカミュージック 
満田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です