ストラトキャスタータイプのセッティングのあれこれ【ジャズギター】

こんにちは!ジャズギタリストの満田です!
今回はギターのコンディション調整について悩んだお話をシェアさせて頂こうかと思います!
個人的な内容が中心になりますが、同じくコンディションのお悩みを抱える方への手助けにもなればと思いますのでよろしければご覧くださいm(_ _)m

私のストラトタイプについて......

今回の題材となる僕の愛用ギターとは、当ブログやYouTubeチャンネル等でも時々使っていた黒いストラトキャスタータイプのことです。高校生の時に非常に安く手に入れた所謂エントリーモデルなのですが、長年の思い入れもあってパーツ交換やメンテナンスを繰り返して使い続けています。

ヘッドは綺麗にロゴが削れ落ちて良い具合に謎のギター感が出ていますw

一応参考までに、サウンドの方も。
クリーンサウンドはこんな感じです。

改造遍歴など

ペグなど金属パーツ類の細かい交換を除くと、まず最初に行われた改造はフロントピックアップ交換でした。元々ストラトタイプとしてはやや音色が太かったのでシングルサイズハムバッカーを搭載して普通にモダンジャズ用として使っていました。当時はシングルピックアップに全く興味がなかったんです……w
その後、とあるきっかけでシングルピックアップのストラトを再び使いたくなったためストラトキャスター用の国産シングルピックアップが新たにマウントされることになりました。
内部の配線に多少の変更を加えており、元々フロントトーンだったポットは3ポジション共通のマスタートーンに変わりました。1V1T仕様で元センタートーンのポットは余りのダミー状態ですね。マスタートーン化したのは利便性の目的もあるのですが、リアピックアップにもトーンを効かせたかったから、という部分が大きいです。

電装系以外の部分だと、ネック裏のストラップピンを増設も。

従来のポジションのピンにストラップを付けて高めに構えるとコンター加工の関係でボディがやや上に傾いてしまうのですが、それを嫌ったためこのようにネック裏にピンを打ち込みました。この方が同じ高さで構えるにしてもストラップの長さに余裕も生まれるのもメリット。

あとは、改造でもなんでもないところですが欠かせないのがヘッド裏に隠れたチューナー。

正直なところを申し上げますと使い慣れたSnarkの方がチューナーとしての使い心地は良いのですが、このチューナーはなんと言っても正面からでは目立たないところが素晴らしい!通常のクリップチューナーとは異なり、サイズも非常に小さいので付けたままケースに入れてもスペース的にはほぼ変わりません。装着したままでOKなのでこのチューナーは購入から数年、ずっと同じ場所に佇んでおりますw

装着位置的にストラトのようなFender系のヘッド形状の方が使いやすい気がしますが、Gibson系のギターでも使っている方をよく見ます。ヘッドに付けたままでも邪魔にならないチューナーを探してる方にオススメのアイテムですね。

本体のセッティングについて

使用弦は色々ありましたがストラト用として今現在気に入って使っているのはElixir 12052です。 NANOWEBの10-46のセットですね。

弦高に関しましては、私は音色や演奏性の関係で基本的に弦高が高い方が好みなので1弦12フレット基準で2.0mmくらいにセットして……というのは理想の話(・ω・)
なんとこのストラト君、改めて見たらネックがとんでもない反り方をしておりました。トラスロッドによる調整を試みるもロッドの効き辛い位置まで順反りしており完治には至らず……。その上で弦高調整をしてフレットのビリつきをアンプで拾わないレベルで妥協した結果、12フレット上で1弦が約3.0mmというユニークなコンディションに落ち着きました。クラシックギターかな?

ちょっと分かり辛いかもしれませんが、現在のコンディションで12フレットを覗き込んだアングルです。あまりエレキで見る高さではないですねw
弾こうと思えば弾けはしますが、流石に快適な訳でもないので弦高調整以外の方法で解決を図ることにしました。

弦のゲージを変えてみた

当たり前といえば当たり前な解決策なんですが、弦のゲージひとつで音はかなり変わるので正直抵抗が大きかったんです。しかし、思い入れのあるギターが弾き辛いままなのも嫌だったので現状で実現できる最善のコンディションを目指すためにゲージをひとつ落とすことを決心しました。

同じくElixir NANOWEBの09-42のセットです。全ての弦が一回り細くなりました。正直な感想を申し上げますと、いくら弦高でテンションが稼がれているとはいってもやはり弦が一段階細くなった影響は大きく、元々あったサウンドの張りは多少失われてしまったのは残念です。弦の感触が柔らかいのもまだ慣れません。しかし、押弦しやすくなったのもまた事実で、僅かな弾き辛さは残るものの個人的にはそこまで気にはならないコンディションに落ち着かせることができたのは嬉しかったです。また、4-6弦に関しては特段細くする必要もないと感じたので、次回の弦交換時に09-46の所謂カスタムライトゲージのセットに変更してみようと思っています。

ストラトキャスターの魅力とは

さて、コンディションの話が終わったところで、そもそもジャズギタリストがストラトを使うの?というお話をちょっと掘り下げてみようかと。

ジャズにおけるストラトキャスターというのはイメージし辛いところであると思いますが、ジャズというジャンルを広く見てみるとそれなりの使用率はあるんです。例えばファンクやソウルの要素を取り込んだスタイルのコンテンポラリー・ジャズでは、カッティングもプレイに盛り込まれるため歯切れの良いシングルピックアップが好まれることもあります。実際に私もファンクに寄せたサウンドで演奏する時はストラトタイプを使うことが多いです。
他にもフュージョン全盛期はラリー・カールトン(Larry Carlton)氏を始めとしたブルースにルーツを持つジャズギタリスト達に愛用されていました。リー・リトナー(Lee Ritenour)氏のようにピックアップをEMGに載せ替えたストラトを使うプレイヤーも多かったですね。

私がストラトキャスターに求めているのはフロントピックアップ及び2種類のハーフトーンの音色であり、それが魅力であると強く感じています。特にフロントの音色は巻き弦の質感に独特の個性があり、ストラトを使うに至る重要な特徴だと思います。前述のようにファンク系のサウンドに寄ったステージの時に使いたくなります。また、よく言われる音色の多様性は勿論使う上で特徴のひとつとして捉えてはおりますが、個人的にはそれよりも音色そのものの部分が大きな採用理由ですね。

クリーンサウンドでテーマやソロなどのリードパートを弾く時やモダンジャズ系でのバッキングはフロントの使用が殆ですが、カッティングなどを混ぜたより現代的な演奏をする場合はフロント+センターのハーフトーンもよく使います。やや落ち着いたテンポの演奏でこの音色を使ってボリューム奏法とアームによるビブラートを組み合わせたバッキングをするのが好きですね。やや深めにディレイも追加すると楽しい。
歪ませたリードプレイの際はセンター+リアのハーフトーンを使うことも。独特の鼻詰まり感がクセになりますね。
センターやリアの単発使用は無くはないものの本当に時々……、といった具合で優先順位的には圧倒的にフロントとハーフトーンが高いです。

私はストラトキャスター使用時は他ギターと同様にボリューム8、トーン7をデフォルトのセッティングとして使っておりますが、セットリストの都合上ギターを変えずにモダンジャズ系のサウンドを出したい時は4前後くらいまでトーンを絞ることもあります。そのくらいまで絞っても音抜けはそこそこあるのでアンサンブルで埋もれたことは特にありませんでしたね。この音抜けもストラトの特徴と言えるでしょう。

因みに、音作りの幅やアーミングが可能な構造からストラトキャスターは「なんでもできるギター」だと言われることが多いです。異存はございませんが、正直なところ「なんでもできるにはできるが、なんでもやり易い訳ではない」と思っております。音色の幅は扱いの難しさも持ち合わせており、使い熟すのは簡単とは言えません。それなりの試行錯誤が必要である部分も多分にあるでしょう。一般的なストラト用のシングルピックアップでは3弦と2弦で大きな音量差があるのも中々の悩ませポイントだと思います。
また、ついでに言うのであれば、シンプルなサウンドメイクで様々なジャンルに格好良くマッチしてしまうテレキャスターの方が「なんでもできるしやり易い」という印象を持っております。テレキャス素敵(・ω・)

余談

先ほど「改造遍歴」にてチラッとお話したシングルピックアップのストラトを再び使いたくなった”とあるきっかけ”についてです。

私が尊敬するギタリストの1人にディーン・ブラウン(Dean Brown)氏という方がいます。
コンテンポラリー・ジャズを中心としたサウンドのリーダーグループでの活動もしつつ様々な著名ミュージシャンのサポートを数多く熟すベテランのセッションギタリストですね。特に有名なのはマーカス・ミラー(Marcus Miller)氏やビリー・コブハム(Billy Cobham)氏のサポートでしょうか。最近だとデイヴ・ウェックル(Dave Weckl)氏やエリック・マリエンサル(Eric Marienthal)氏のプロジェクトでもよく演奏していますね。
上記の通り、ブラウン氏はジャズを中心とした活動のギタリストですが、(少なくともライブでは)セミアコやフルアコなどの所謂ハコモノは全く使用せず、ストラトキャスタータイプやテレキャスタータイプの、Fender系ソリッドギターを愛用するプレイヤーなのがひとつの特徴です。何度か東京コットンクラブにて生演奏を観に行っているのですが、オーソドックスな3シングルのストラトで見事なジャズプレイをする姿に心を撃ち抜かれました……。というのがストラトを使い始めた経緯です。実に単純!
ブラウン氏のプレイについて掘り下げると余談が本編になってしまうのでまたの機会にw

因みに、最近のブラウン氏はXotic製のメイプル指板ストラトタイプを愛用していますが、それ以前はFender American Deluxeシリーズのローズ指板ストラトキャスターを特に気に入って使っていました。

指板材やピックアップ配列など異なる部分はあるものの、同じカラーリングの個体が入荷していてビックリしてしまったというお話……。一時期ブラウン氏と同じ仕様のモデルを探していたので似ているこの個体もちょっと惹かれちゃいますねぇ。アメデラシリーズのストラトは生鳴りが太い個体が多いのでストラトでジャズをやりたい方には特にオススメです!

総括

ちょっと長くなっちゃいましたがストラト駄話(?)でした!
ジャズ界隈では残念ながらあまりメインギターとして語られることのないストラトキャスターですが、独特の個性からどうしても使いたくなる場面が出てくるニクいギターなんですねー。書きながらまたストラトが使いたくなってきましたw
あとはテレキャスネタも色々溜め込んでいるので、そのうちそちらも書かせていただこうと思います!

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

パプリカミュージック
満田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です