ピックとは

ギターやベースなどの弦楽器は指や爪で弾くことも出来ますが、金属の弦が張られたギターを爪で弾くと爪が削れていきます。かといって指で弾くとどうしても音がこもってしてしまい、曲の雰囲気に合わない場合があります。そんな時に爪の代わりに明るく抜けの良い音で弾けるようにしたのがピックです。

ピックを選ぶ時に押さえておきたい3つのポイント

楽器店に行くとかわいいピックやちょっと面白いピック(標識とか)があって選ぶのに困ってしまう、という方、もちろん見た目も大切ですが、演奏するという観点からピックを選ぶ時に頭に入れておきたいポイントは以下の3つです。

・形
・厚さ
・素材

この3つは演奏性や音色にとても深く関わってきます。
プレイスタイルに合った適切なピックを選んであげることで今まで弾きにくかったフレーズが弾きやすくなったり、今までよりも良い音が出るようになったりします。

ポイント1 形

厳密に言うと様々な形のピックがありますが、ポピュラーな形は以下の3つです。

・ティアドロップ
・トライアングル(おにぎり)
・スモールティアドロップ

ティアドロップはその名の通り、涙の形をしており、どんなジャンルにも万能で使えるもっともポピュラーな形です。
トライアングルは比較的おお振りなのでコードストロークがメインのプレイヤーにオススメ。
スモールティアドロップは早弾きなどのテクニカルなプレイをするプレイヤーに愛用者が多いです。

ポイント2 厚さ

ピックにはメーカーのロゴや絵が書いてあることが多いですが、よーく見てみると同じ形なのに.80mmや1.0mmという記載があったりします。(無いタイプもあります)
これがピックの厚さです。

薄め(Light、Thin) ~ .70mm
普通  (Medium、Regular) .70mm ~ 1.0mm未満 
厚め  (Heavy、Thick) 1.0mm以上

薄めのピックは弦を弾く際にピック自体がしなるので必要以上に弦に力が加わらず、比較的低音の押さえられた音が出ます。
逆に厚めのピックは弾く力を余すことなく弦に伝えるので、力を込めるとかなり太い音が出ます。

ポイント3 素材

最後のポイントはピックの素材です。
こちらも中には鼈甲(本物)や金属、アクリルなど様々な素材で作られたピックが存在しますが、多い素材は以下です。

セルロイド
ウルテム

デルリン

セルロイドはもっとも多くのピックに使われている素材です。
ウルテムは飴色っぽい色の素材で、爪に近い音の出る素材として有名です。
ちなみに僕はウルテムの音が好きでずっとウルテムを使用してました。
デルリンは少し柔らかめの素材でギターのナットなどにも使用されています。